no title



NBA2020-21シーズン第9週(2月16日~2月22日)の週間最優秀選手が発表されました。
東カンファレンス
ジェームス・ハーデン(ネッツ) 通算26回目

西カンファレンス
デイミアン・リラード(ブレイザーズ) 通算11回目

ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓
今季第9週の週間最優秀選手にジェームズ・ハーデンとデイミアン・リラードが選出
 2月23日(現地時間22日、日付は以下同)。NBAは第9週のプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表した。選考期間は16日から22日…
(出典:バスケットボールキング)

ジェームス・ハーデンのスタッツ:
31.8得点10.8アシスト9.0リバウンド FG55.0% 3P48.6% FT80.8%

2/16 キングス戦
29得点14アシスト13リバウンド FG10/18 3P6/10 FT3/3

2/17 サンズ戦
38得点11アシスト7リバウンド FG14/22 3P5/11 FT5/5

2/19 レイカーズ戦
23得点11アシスト5リバウンド FG7/15 3P3/7 FT6/7

2/22 クリッパーズ戦
37得点7アシスト11リバウンド FG13/25 3P4/9 FT7/11

デイミアン・リラードのスタッツ:
36.3得点12.7アシスト5.7リバウンド FG43.4% 3P40.4% FT94.7%

2/17 サンダー戦
31得点10アシスト7リバウンド FG12/25 3P5/14 FT2/3

2/18 ペリカンズ戦
43得点16アシスト4リバウンド FG14/28 3P7/16 FT8/8

2/21 ウィザーズ戦
35得点12アシスト6リバウンド FG10/30 3P7/17 FT8/8