NBAスポーツ速チャン

NBA好きです。2009年たまたまテレビに映ったコービーの姿に衝撃を受け、レイカーズの試合を中心にみるようになり、ブログを始めました。ただただNBA好きのおじさんです。NBAやBリーグの話題を2chからまとめて紹介しています。

    カテゴリ:NBA > 最優秀選手

    no title


    NBA2020-21シーズン第18週(4月20日~4月26日)の週間最優秀選手が発表されました。
    東カンファレンス
    ブラッドリー・ビール(ウィザーズ) 今シーズン初/通算4回目


    西カンファレンス
    ルカ・ドンチッチ(マーベリックス) 今シーズン3回目/通算4回目

    ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓

    ブラッドリー・ビールのスタッツ:
    31.3得点3.0アシスト5.8リバウンド FG50.0% 3P55.0% FT92.3%

    4/20 サンダー戦
    30得点2アシスト1リバウンド FG12/21 3P3/4 FT3/4

    4/22 ウォリアーズ戦
    29得点4アシスト10リバウンド FG8/21 3P2/6 FT11/11

    4/24 サンダー戦
    33得点3アシスト6リバウンド FG12/24 3P4/6 FT5/5

    4/26 キャバリアーズ戦
    33得点3アシスト6リバウンド FG13/24 3P2/4 FT5/6

    ルカ・ドンチッチのスタッツ:
    26.0得点10.0アシスト9.0リバウンド FG43.1% 3P34.6% FT73.1%

    4/22 ピストンズ戦
    30得点9アシスト10リバウンド FG10/22 3P4/11 FT6/10

    4/23 レイカーズ戦
    30得点8アシスト9リバウンド FG9/21 3P3/9 FT9/11

    4/25 レイカーズ戦
    18得点13アシスト8リバウンド FG6/15 3P2/6 FT4/5

    no title


    NBA2020-21シーズン第17週(4月13日~4月19日)の週間最優秀選手が発表されました。
    東カンファレンス
    ジュリアス・ランドル(ニックス) 初選出


    西カンファレンス
    ステフィン・カリー(ウォリアーズ) 今シーズン2回目/通算16回目

    ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓

    ジュリアス・ランドルのスタッツ:
    35.8得点6.5アシスト8.3リバウンド FG48.81 3P45.4% FT83.9%

    4/13 レイカーズ戦
    34得点4アシスト10リバウンド FG13/23 3P2/6 FT6/7

    4/15 ペリカンズ戦
    32得点5アシスト8リバウンド FG11/26 3P5/8 FT5/5

    4/17 マーベリックス戦
    44得点7アシスト10リバウンド FG16/29 3P6/11 FT6/9

    4/19 ペリカンズ戦
    33得点10アシスト5リバウンド FG11/28 3P2/8 FT9/10

    ステフィン・カリーのスタッツ:
    43.8得点5.0アシスト5.8リバウンド FG57.3% 3P54.5% FT90.6%

    4/13 ナゲッツ戦
    53得点4アシスト6リバウンド FG14/24 3P10/18 FT15/16

    4/15 サンダー戦
    42得点8アシスト6リバウンド FG14/20 3P11/16 FT3/3

    4/16 キャバリアーズ戦
    33得点5アシスト4リバウンド FG12/25 3P4/13 FT5/5

    4/18 セルティックス戦
    47得点3アシスト7リバウンド FG15/27 3P11/19 FT6/8

    no title



    NBA2020-21シーズン第16週(4月6日~4月12日)の週間最優秀選手が発表されました。
    東カンファレンス
    ジェイソン・テイタム(セルティックス) 今シーズン2回目/通算3回目


    西カンファレンス
    ポール・ジョージ(クリッパーズ) 今シーズン初選出/通算9回目

    ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓
    今季第16週の週間最優秀選手にジェイソン・テイタムとポール・ジョージが選出!
     4月13日(現地時間12日、日付は以下同)。NBAは今季第16週のプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表した。選考期間は6日から1…
    (出典:バスケットボールキング)

    ジェイソン・テイタムのスタッツ:
    31.5得点3.8アシスト8.5リバウンド FG48.8% 3P38.9% FT96.6%

    4/7 シクサーズ戦
    20得点4アシスト4リバウンド FG7/17 3P3/10 FT3/3

    4/8 ニックス戦
    25得点5アシスト10リバウンド FG10/21 3P3/9 FT2/2

    4/10 ウルブス戦
    53得点4アシスト10リバウンド FG16/25 3P6/10 FT15/16

    4/12 ナゲッツ戦
    28得点2アシスト10リバウンド FG9/23 3P2/7 FT8/8

    ポール・ジョージのスタッツ:
    33.7得点5.7アシスト4.3リバウンド FG56.5% 3P60.9% FT100%

    4/7 ブレイザーズ戦
    36得点5アシスト3リバウンド FG11/18 3P6/9 FT8/8

    4/9 サンズ戦
    33得点3アシスト7リバウンド FG12/19 3P7/9 FT2/2

    4/12 ピストンズ戦
    32得点9アシスト3リバウンド FG12/25 3P1/5 FT7/7

    no title


    NBA2020-21シーズン第15週(3月30日~4月5日)の週間最優秀選手が発表されました。
    東カンファレンス
    ドリュー・ホリデー(バックス) 初選出

    西カンファレンス
    ルカ・ドンチッチ(マーベリックス) 今シーズン2回目/通算3回目

    ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓
    今季第15週の週間最優秀選手に選ばれたのはドリュー・ホリデーとルカ・ドンチッチ!
     4月6日(現地時間5日、日付は以下同)。NBAは今季第15週のプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表した。選考期間は3月30日から…
    (出典:バスケットボールキング)

    ドリュー・ホリデーのスタッツ:
    26.8得点6.3アシスト6.8リバウンド FG54.4% 3P40.5% FT85.7%

    3/30 クリッパーズ戦
    24得点7アシスト4リバウンド FG8/14 3P3/8 FT5/5

    4/1 レイカーズ戦
    28得点6アシスト8リバウンド FG11/16 3P3/5 FT3/4

    4/3 ブレイザーズ戦
    22得点10アシスト4リバウンド FG9/14 3P2/6 FT2/2

    4/4 キングス戦
    33得点11アシスト7リバウンド FG14/23 3P3/5 FT2/3

    ルカ・ドンチッチのスタッツ:
    28.3得点6.3アシスト6.8リバウンド FG54.4% 3P40.5% FT52.2%

    3/30 サンダー戦
    25得点7アシスト3リバウンド FG9/17 3P4/10 FT3/4

    4/1 セルティックス戦
    36得点5アシスト8リバウンド FG11/15 3P7/11 FT7/11

    4/3 ニックス戦
    26得点7アシスト8リバウンド FG11/23 3P3/8 FT1/4

    4/4 ウィザーズ戦
    26得点6アシスト8リバウンド FG12/24 3P1/8 FT1/4

    no title


    NBA2020-21シーズン3月の月間最優秀選手が発表されました。
    東カンファレンス
    ジェームズ・ハーデン(ネッツ) 今シーズン2回目/通算11回目

    西カンファレンス
    ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ) 今シーズン2回目/通算2回目

    ハイライトシーンは下の『バスケットボールキング』さんの記事をご覧ください↓

    ジェームズ・ハーデンのスタッツ:
    27.9得点11.5アシスト9.8リバウンド 

    ハーデンは
    2か月連続での受賞。

    出場した12試合での平均出場時間は
    38.8分。

    今シーズンにおける平均出場時間も
    37.9分とリーグ1位に躍り出ました。

    ニコラ・ヨキッチのスタッツ:
    27.1得点8.4アシスト11.4リバウンド

    出場した14試合の内、
    トリプルダブル 4回
    ダブルダブル 13回

    達成。


    3月に行われた14試合を
    11勝3敗で西カンファレンス5位にまで押し上げました。

    このページのトップヘ