NBAスポーツ速チャン

NBA好きです。2009年たまたまテレビに映ったコービーの姿に衝撃を受け、レイカーズの試合を中心にみるようになり、ブログを始めました。ただただNBA好きのおじさんです。NBAやBリーグの話題を2chからまとめて紹介しています。

    カテゴリ: NBA

    no title



    ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが歴史に名を残しました。

    5/11のホークス戦、第4Qに今シーズン36回目、通算182回のトリプルダブルを達成し、オスカー・ロバートソンが持っていた181回を抜き歴代最多となりました。

    キャリア13年目、積みに積み重ねた182回。今シーズン自身4回目のシーズン平均トリプルダブルを確実とし、記録はまだまだ伸びそうです。


    ウェストブルック、182回目トリプルダブルでNBA新記録 八村20得点もウィザーズ惜敗
    …日(日本時間11日)、124-125でホークスに敗れた。ラッセル・ウェストブルックはキャリア通算182回目のトリプルダブルを達成。オスカー・ロバートソ…
    (出典:THE ANSWER)

    ラッセル・ウェストブルックのスタッツ:
    2020-21シーズンのスタッツ:
    22.0得点11.5アシスト11.5リバウンド

    ホークス戦のスタッツ:
    28得点21アシスト13リバウンド

    歴史が変わる瞬間は
    第4Q残り8分32秒に訪れます。

    ダニーロ・ガリナーリが外したシュートをリバウンドし
    トリプルダブルを達成。

    通算182回目とし
    47年ぶりに記録を更新しました。

    2008-09 1回(サンダー)
    2009-10 1回(サンダー)
    2010-11 3回(サンダー)
    2011-12 0回(サンダー)
    2012-13 1回(サンダー)
    2013-14 2回(サンダー)
    2014-15 11回(サンダー)
    2015-16 18回(サンダー)
    2016-17 42回(サンダー)
    2017-18 25回(サンダー)
    2018-19 34回(サンダー)
    2019-20 8回(ロケッツ)
    2020-21 36回(ウィザーズ)

    計:182回

    【【NBAまとめ】ウェストブルックが通算トリプルダブル数で歴代1位に!!】の続きを読む

    no title


    5月8日マーベリックスvsキャバリアーズの試合は110-90でマーベリックスが勝利。

    この試合24得点を記録したドンチッチは通算5,000得点。史上4番目の若さで大台に到達しました。

    更には最初の3シーズンで5,000得点1,500アシスト1,500リバウンドを達成した3人目の選手にもなりそうです。

    ドンチッチがNBA通算5000得点に到達…レブロンやKD、カーメロに次ぐ史上4番目の若さ
    …のルカ・ドンチッチが史上4番目の若さでNBA通算5000得点を達成した。  通算5000得点まであと7点の状況でキャブス戦に臨んだドンチッチは、試合開…
    (出典:バスケットボールキング)

    ドンチッチのスタッツ:
    2018-19 72試合出場
    平均:21.2得点6.0アシスト7.8リバウンド
    合計:1,526得点429アシスト563リバウンド

    2019-20 61試合出場
    平均:28.8得点8.8アシスト9.4リバウンド
    合計:1,759得点538アシスト573リバウンド

    2020-21 62試合出場
    平均:28.4得点8.7アシスト8.1リバウンド
    合計:1,756得点533アシスト501リバウンド

    通算:5,017得点1,499アシスト1,628リバウンド

    ドンチッチは
    レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
    21歳22日

    ケビン・デュラント(ネッツ)
    21歳133日

    カーメロ・アンソニー(ブレイザーズ)
    21歳292日

    ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)
    22歳68日

    と史上4番目の若さで5,000得点に到達しました。


    更には
    オスカー・ロバートソン
    6,861得点2,347アシスト2,536リバウンド

    レブロン・ジェームズ
    6,307得点1,563アシスト1,576リバウンド

    ルカ・ドンチッチ(残り5試合)
    5,017得点1,499アシスト1,628リバウンド

    と最初の3シーズンで5,000得点1,500アシスト1,500リバウンドの偉業も目前です。


    ルーキーシーズンから圧倒的なパフォーマンスを披露し、
    2年連続でオールスターの先発に抜擢されたドンチッチ。

    数々の記録を塗り替えて、
    どのような記録を残すのか楽しみです。

    【【NBAまとめ】ドンチッチが史上4番目の若さで5,000得点に到達!!】の続きを読む

    no title


    5月7日ウィザーズvsラプターズの試合はオーバータイムにもつれる接戦の末131-129で勝利。

    この試合、八村塁選手、渡邊選手共に出場せず、日本人対決の実現は来シーズンに持ち越されましたが、ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが今シーズン34回目のトリプルダブルを達成し、キャリア通算180回にのせました。

    歴代1位はオスカー・ロバートソンの181回。いよいよNBAの歴史が変わる日が近づいてきました。

    オスカー・ロバートソンがウェストブルックについて「記録を達成してほしい」
    …ロバートソンがウェストブルックのパフォーマンスについて言及 5月7日(現地時間6日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが今シ…
    (出典:バスケットボールキング)

    ラプターズ戦のスタッツ:
    13得点17アシスト17リバウンド

    先日の試合で
    シーズン平均トリプルダブルを確定。

    2016-17
    31.6得点10.4アシスト10.7リバウンド

    2017-18
    25.4得点10.3アシスト10.1リバウンド

    2018-19
    22.9得点10.7アシスト11.1リバウンド

    2020-21
    21.8得点11.4アシスト11.4リバウンド(5/7現在)

    キャリア4回目のトリプルダブルです。

    シーズン平均トリプルダブルを達成している選手は
    オスカー・ロバートソンのみ

    ※1961-62シーズン

    この試合も勢いそのままに、
    17アシスト17リバウンドを記録。

    連続する3試合で50アシスト50リバウンドを記録した
    NBA史上初のプレイヤーとなりました。

    シーズン34回目のトリプルダブルは
    2016-17シーズンの42回に次ぐ数字です。

    2016-17 42回

    2020-21 34回(5/7現在)

    2018-19 34回

    2017-18 25回

    歴代1位のロバートソンは、
    「彼には記録を達成してほしいと思うし、バスケットボールにおけるエリートプレーヤーの1人だ」

    とコメント。

    今シーズン残り5試合、
    ラスが歴代1位になる試合が見逃せません。

    【【NBAまとめ】ラスが今季34回目のトリプルダブルでキャリア通算180に!!】の続きを読む

    no title



    5月5日ラプターズvsクリッパーズの試合は105-100でクリッパーズが勝利。

    この試合、キャリア2度目の先発出場を果たした渡邊選手。キャリア最長の30分15秒間出場します。

    得点は6得点と伸びませんでしたが、ディフェンスではポール・ジョージのマークを任され、先発出場として十分に役割を果たしました。

    【NBA】渡邊雄太がキャリア2度目の先発&自己最長30分出場もチームは敗戦…次戦は八村塁との日本人対決へ<DUNKSHOOT>(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    1. 【NBA】渡邊雄太がキャリア2度目の先発&自己最長30分出場もチームは敗戦…次戦は八村塁との日本人対決へ<DUNKSHOOT>(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    2. 渡邊雄太が今季2度目のスタメン出場…約30分の出場時間で6得点6リバウンドをマーク  バスケットボールキング
    3. ラプターズの渡邊雄太がキャリア2度目の先発出場もポール・ジョージの攻守に渡る活躍の前にチームは惜敗  バスケットカウント
    4. 渡邊雄太がクリッパーズ戦に先発出場し6得点、6リバウンド、ラプターズは惜敗  Sporting News JP
    5. 渡邊雄太2度目の先発 自己最長30分出場|日テレNEWS24  日テレNEWS24
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    (出典:Yahoo!ニュース)

    クリッパーズ戦のスタッツ:
    6得点1アシスト6リバウンド FG2/6 3P2/5 FT0/0

    OG・アヌノビーが欠場したこの試合、
    代わりに先発に抜擢されたのが渡邊選手。

    相手は格上のクリッパーズ、
    マッチアップはポール・ジョージ。

    得点は
    3Pシュート2本決め6得点。

    得点は伸びませんでしたが、
    ディフェンスで貢献。

    マークを担当したPG13に簡単にやられてしまう場面もありましたが、
    及第点のディフェンスを見せます。

    更には渡邊選手の無尽蔵なスタミナを生かした
    ヘルプディフェンスでもチームに貢献。

    そのディフェンスで
    残り4分30秒の最終局面でもコートに立ちます。

    試合を決めるプレイは披露できませんでしたが、
    最終局面で起用されるということは信用の証です。

    明日のウィザーズ戦、八村塁選手との
    日本人対決。

    今シーズン、3度目の対戦になりますが、
    2/10 渡邊選手
    左足首負傷で欠場

    4/5 八村選手
    右肩の張りで欠場

    で、まだ実現していません。

    今シーズン初の日本人対決に期待がかかりますが、
    八村選手
    体調不良

    渡辺選手
    右足首痛

    と実現は難しい状況。

    今シーズン日本人対決は見られそうにありませんが、
    渡辺選手がこれだけの活躍をすれば、来シーズンこそ見られそうです。

    キャリア2度目の先発出場を果たした渡邊選手、
    今後の活躍から目が離せません。

    【【NBAまとめ】キャリア2度目の先発出場を果たした渡邊選手!!】の続きを読む

    no title


    4月29日サンズvsクリッパーズの試合は109-101でサンズが勝利しました。

    この試合に勝利したサンズは44勝18敗とし、11年ぶりにプレイオフ進出を決めます。

    快進撃を続けたサンズが西の2位で11年ぶりのプレーオフ進出を果たす、デビン・ブッカー「ずっとこの時を待っていた」
    …記録し、クリッパーズに一度もリードを許すことなく、サンズが勝利を収めた。 エースのブッカーはNBAキャリア6シーズン目にして、初めてとなるプレーオフ進…
    (出典:バスケット・カウント)

    サンズの過去12年の成績:
    2009-10: 54勝28敗 3位 カンファレンス決勝敗退

    2010-11: 40勝42敗 10位

    2011-12: 33勝33敗 10位

    2012-13: 25勝57敗 15位

    2013-14: 48勝34敗 9位

    2014-15: 39勝43敗 10位

    2015-16: 23勝59敗 14位

    2016-17: 24勝58敗 14位

    2017-18: 21勝61敗 15位

    2018-19: 19勝63敗 15位

    2019-20: 34勝39敗 10位

    2020-21: 44勝18敗 2位(残り10試合)

    チームのエース、デビン・ブッカーは、
    「最高さ。やっと実現できたんだから。5年間、ずっと我慢してきたからね。これまで、皆がサンズのためにプレーしてきた。そして今、僕らは新たなレベルへと達したんだ」

    と試合後に喜びを表現。

    クリス・ポールは、
    「僕は自分がどんな選手なのかは知っている。それにこうなることは分かっていたよ。ブック(ブッカーの愛称)がどんな選手なのかもね。僕はモンティ(ウィリアムズHC)のため、細かいことにもこだわる彼のためにプレーしているのさ」

    と話しました。

    モンティ・ウィリアムズHCは、
    「こんなに短期間で、ここまで来られるとは思わなかった。今さっき選手には伝えたけど、私たちはもっとやるべきことがあるし、目指すべき場所がある。私たちはまだ満足なんてしていない」

    とコメント。

    サンズは長らく低迷していましたが、
    昨シーズンのシーディングゲームで8連勝を達成して今シーズン大いに期待されました。

    オフには昨シーズンサンダーの躍進に貢献した
    クリス・ポールを獲得。

    サンズは
    間違いなくプレイオフに進出するだろうと言われるようになります。

    しかし、
    その期待はいい意味で裏切られます。

    4月30日現在、62試合を消化し、
    44勝18敗で2位(残り試合10試合)

    1位ユタ・ジャズとの差は
    1ゲーム差。

    ここまで快進撃を続けてきたサンズの
    強さは本物です。

    残り10試合、
    1位に躍り出る可能性もあります。

    サンズの快進撃、
    まだまだ終わりません。

    【【NBAまとめ】フェニックス・サンズ11年ぶりにプレイオフ進出決定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ