NBAスポーツ速チャン

NBA好きです。2009年たまたまテレビに映ったコービーの姿に衝撃を受け、レイカーズの試合を中心にみるようになり、ブログを始めました。ただただNBA好きのおじさんです。NBAやBリーグの話題を2chからまとめて紹介しています。

    カテゴリ:NBA > オールスター

    no title



    NBAオールスター2021は、『チーム・レブロン』が『チーム・デュラント』に170-150で勝利。

    レブロン・ジェームズ(レイカーズ)は、東西のカンファレンスで最多票を獲得した選手がキャプテンとして選手をドラフトする現在のフォーマットになってから、4年連続でキャプテンを務め4戦全勝という成績を達成しました。

    ちなみにコービー・ブライアントMVP賞はヤニス・アデトクンボ(バックス)

    キャプテンとしてオールスター4連勝、レブロン・ジェームズは「これで主将引退なら完璧」 - Sporting News JP
    1. キャプテンとしてオールスター4連勝、レブロン・ジェームズは「これで主将引退なら完璧」  Sporting News JP
    2. NBAオールスターはチーム・レブロンの『総合力』とチーム・デュラントの『得点力』の激突に、注目すべきポイントは?  バスケットカウント
    3. NBA オールスター 2021は4年連続でチーム・レブロンが勝利  HYPEBEAST
    4. チーム・レブロンが勝利 コロナ下開催に批判も―NBAオールスター戦  時事通信ニュース
    5. NBA球宴で「チーム・レブロン」が4年連続で勝利 MVPはアデトクンボ  スポニチアネックス Sponichi Annex
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    (出典:Sporting News JP)

    オールスター2021のレブロンのスタッツ:12分間出場
    4得点4アシスト2リバウンド

    疲れもあったのでしょう、
    レブロン自身はわずか12分の出場に留まり、得点においても4得点に終わりました。

    しかし、キャプテンとして自ら編成したチームで4連勝を達成したことは
    選手を見る目においても一流であることを証明します。

    また、今後について聞かれると、
    「息子とのプレーは目標の一つだけど、まだまだ先の話かな。でも、もし息子とこのリーグで同じコートに立てたら最高だ。そして、NBAは自分に多くのものをもたらしてくれた。だからこそ、恩返しがしたい。自分のプレーやこの競技に影響を与えることで恩返しができたらうれしい。もし息子がNBAでプレーすることで恩返しになるなら、僕にとってご褒美みたいなもの。それに名誉なことでもある」

    と話しました。

    レブロンは
    NBAで息子と共演すること
    NBAへの恩返し

    を今後の目標として語りました。


    『息子との共演』は先の話ですが、
    『NBAへの恩返し』は現在進行中で行われています。

    レブロンは
    「まだまだ情熱を傾けること、高い意識を持って取り組んでいることがたくさんある。これからも優勝したいし、それが今の目標で自分のモチベーションでもある」

    と後半戦に向けての意気込みを語りました。

    今シーズンのNBAはコロナウイルスの影響で
    観客をまともにアリーナに呼べていません。

    毎年数日に渡り行われていたオールスターですが、
    今シーズンは1デイに短縮され行われました。

    少し寂しい気もしますが、
    ハードスケジュールの中、派手なパフォーマンスを披露してくれた選手に拍手です。

    ちなみに、コービー・ブライアントMVP賞は
    ヤニス・アデトクンボ(バックス)

    ヤニスはわずか19分間の出場で、
    35得点を記録。

    FG成功率は、
    驚異の100%

    試合後、
    「(すべてのショットを決められて)嬉しいよ。チームメートが喜んでいることも僕にとっては嬉しい」

    と、コメント。

    後半戦は3月11日の
    ウィザーズvsグリズリーズ戦から始まります。

    わずか数日しかありませんが、
    オールスターに出場した選手にはオフを満喫してほしいと思います。

    【【NBAまとめ】チーム・レブロンがオールスターで4連勝!!】の続きを読む

    no title


    左足のハムストリングを痛め、近日中に復帰予定だったケビン・デュラント(ネッツ)ですが、NBAオールスター以降の復帰になりそうです。

    オールスターに出場できなくなったKDの代わりにドマンタス・サボニス(ペイサーズ)が選出。1つ空いたスターターの席にはジェイソン・テイタム(セルティックス)が入りました。

    KDの代わりに選出されたサボニスは
    2年連続での選出となります。

    スティーブ・ナッシュHCは
    「ケビンがいないのは最悪さ。彼は本当に、すばらしいバスケットボールプレーヤーだからね。いつだって、ガレージにランボルギーニがあるなら外で走らせたいものさ。だから我々はがっかりしている」

    と記者会見でコメントしました。

    チームとしては無理をさせたくありませんが、
    ファンとしては最悪の結果に。

    その証拠にファン投票では
    レブロン・ジェームズ(レイカーズ)に次ぐ2位の票を獲得。

    1位5,922,554票 レブロン
    2位5,567,106票 KD

    オールスターファン投票の結果の記事↓
    オールスターのキャプテン&スターターが決定!!

    昨シーズン全休から復活したKDの人気は絶好調、
    それだけに今回の欠場は残念で仕方ありません。

    しかし、昨季アキレス腱を断裂、
    無理をさせられないのも事実です。

    シーズン後半、プレイオフで
    更なる活躍を期待するばかりです。

    新キャプテンはKDに次ぐ約445万票を獲得した
    ヤニス・アデトクンボ(バックス)が務めることになりますが、正式発表はありません。

    アンソニー・デイビス(レイカーズ)に続き、
    2人目の欠場となってしまったKD。

    オールスターまで後数日、
    これ以上の変更がでないことを願います。

    【【NBAまとめ】怪我で欠場となったKDの代役にサボニスが2年連続で出場に!!】の続きを読む

    no title


    先日オールスターのリザーブメンバーが発表され、デビン・ブッカー(サンズ)が選出されていないことに物議を醸しましたが、右ふくらはぎ、アキレス腱の負傷で離脱しているアンソニー・デイビス(レイカーズ)の代役としてオールスターの出場が決まりました。

    デビン・ブッカーが負傷中のアンソニー・デイビスに代わり「NBAオールスター2021」に追加選出
    …リーナで開催する「NBAオールスター2021」に、フェニックス・サンズのデビン・ブッカーを新たに選出したと発表した。ブッカーは怪我を負っているロサンゼ…
    (出典:NBA Rakuten)

    2020-21シーズンのブッカーのスタッツ:
    25.0得点4.3アシスト3.6リバウンド FG50.3% 3P38.2% FT84.5%

    2年連続で
    オールスターに代役で出場となりました。

    しかし、
    昨シーズンとは大きく違う点があります。

    2019-20シーズンのスタッツ:
    26.6得点6.5アシスト4.2リバウンド FG48.9% 3P35.4% FT91.9%

    数字では昨シーズンに比べ下がりましたが、
    評価は上がっています。

    昨シーズンまでは、
    スタッツはいいが、チームを勝たせることができない。
    ディフェンスがざる

    等、言われてきました。

    しかし、今シーズンはクリス・ポールが加入し、
    強豪揃う西カンファレンスで堂々の4位。

    個人のスタッツよりもチームの勝利を優先させるプレイは
    昨シーズンまでのブッカーではありません。

    リザーブメンバーが発表され、ブッカーの落選が知れると
    同僚のCP3は、
    「君はオールスター」と、

    レブロン・ジェームズ(レイカーズ)は、
    「ブッカーは俺たちのリーグで最も軽視された選手だ!!」

    と投稿しました。

    ブッカーは
    「5年も下を向き地道にやってきたのは、この時のためだ。勝ち続けたい。僕らにはそれを実現するためのカルチャーと土台が揃っている」

    と話します。

    個人のスタッツを追い求めていたブッカーですが、
    チームの勝利のために進化しようとしているのが今シーズンです。

    サンズから2選手がオールスターに選ばれたのは
    2010年以来11年ぶり。

    ※当時選出されたのは
    スティーブ・ナッシュ
    アマレ・スタッダマイヤー

    昨シーズンと同じ形でオールスターに選出されましたが、
    昨シーズンとは全く違うパフォーマンスに期待です。

    【【NBAまとめ】ブッカーが2年連続でオールスター代役出場へ!!】の続きを読む

    先日3月8日に開催されるNBAオールスター2021のスターターが発表されました。

    NBAオールスター2021スターターメンバーの記事↓
    オールスターのキャプテン&スターターが決定!!

    そして、本日リザーブメンバーが発表されました。
    東カンファレンス
    ジェイレン・ブラウン(セルティックス/初選出)
    ジェームス・ハーデン(ネッツ/9年連続9回目)
    ザック・ラビーン(ブルズ/初選出)
    ジュリアス・ランドル(ニックス/初選出)
    ベン・シモンズ(シクサーズ/3年連続3回目)
    ジェイソン・テイタム(セルティックス/2年連続2回目)
    ニコラ・ブーチェビッチ(2年ぶり2回目)


    西カンファレンス
    アンソニー・デイビス(レイカーズ/8年連続8回目)
    ポール・ジョージ(クリッパーズ/2年ぶり7回目)
    ルディ・ゴベア(ジャズ/2年連続2回目)
    デイミアン・リラード(ブレイザーズ/4年連続6回目)
    ドノバン・ミッチェル(ジャズ/2年連続/2回目)
    クリス・ポール(サンズ/2年連続/11回目)
    ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ/初選出)




    リザーブ選手の選出方法は
    HCが所属するカンファレンスの自チームを除く7選手を選定。

    ※フロントコート3名、バックコート2名、ポジション関係なく2名。


    オールスターに出場ができない場合(怪我等)は、
    アダム・シルバーコミッショナーが代替え選手を選出します。

    毎シーズンそうですが、
    選手の人選に異論が出ています。

    昨シーズンは
    ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)
    ザック・ラビーン(ブルズ)
    デビン・ブッカー(サンズ)

    等の選手が選出されず、話題となりました。

    ※ブッカーはデイミアン・リラード(怪我)の代わりに選出されます。

    選出されなかった選手、
    東カンファレンス
    ドマンタス・サボニス(ペイサーズ)
    バム・アデバヨ(ヒート)
    トレイ・ヤング(ホークス)等


    西カンファレンス
    デビン・ブッカー(サンズ)
    ジャマール・マレー(ジャズ)
    クリスチャン・ウッド(ロケッツ)等



    既にアンソニー・デイビス(デイビス)が
    怪我のため出場が危ぶまれています。

    代わりの選手は
    デビン・ブッカー(サンズ)が濃厚。

    今後は3月5日に行われるドラフトで
    オリジナルチームが編成されます。

    編成方法は
    各チームのキャプテンが11名ずつ交互に指名。

    選手から不満が続出している今シーズンのオールスターですが、
    ファンとしては怪我無く、無事に最高な祭典になることを願います。

    【【NBAまとめ】オールスター2021のリザーブメンバー発表!!】の続きを読む

    no title



    3月8日にアトランタで開催されるNBAオールスター2021のキャプテン&スターターが決定しました。

    東カンファレンス
    ※ケビン・デュラント(/ネッツ/2年ぶり11回目)
    ヤニス・アデトクンボ(バックス/5年連続5回目)
    ジョエル・エンビード(シクサーズ/4年連続4回目)
    ブラッドリー・ビール(ウィザーズ/2年ぶり3回目)
    カイリー・アービング(ネッツ/2年ぶり7回目)


    西カンファレンス
    ※レブロン・ジェームズ(レイカーズ/17年連続17回目)
    ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/3年連続3回目)
    カワイ・レナード(クリッパーズ/3年連続5回目)
    ステフィン・カリー(ウォリアーズ/2年ぶり7回目)
    ルカ・ドンチッチ(マーベリックス/2年連続2回目)


    ※印はキャプテン

    オールスターのキャプテンとスターター枠が決定、デュラントとレブロンがキャプテンに - バスケットボールキング
    1. オールスターのキャプテンとスターター枠が決定、デュラントとレブロンがキャプテンに  バスケットボールキング
    2. 2021年NBAオールスターゲームの先発選手発表、キャプテンはジェームズとデュラントに  Sporting News JP
    3. NBA、オールスター戦は3月7日 主将にレブロンら  日本経済新聞
    4. NBA、3月7日にアトランタでオールスター開催  ニッカンスポーツ
    5. ジェームズとデュラントが最多得票 3月にNBAオールスター  時事通信ニュース
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    (出典:バスケットボールキング)

    参考資料:『 NBA Communications』さんの記事↓
    Voting results: 2021 NBA All-Star Game starters

    ※選手名(ファン投票数順位/プレイヤー投票数順位/メディア投票数順位/合計ポイント)
    ファン投票数/プレイヤー投票数/メディア投票数

    東カンファレンス

    <フロントコート>
    1.ケビン・デュラント(1位/1位3位/1.50)
    5,567,106票/209票/97票

    2.ヤニス・アデトクンボ(2位/2位/1位/1.75)
    4,459,276票/180票/100票

    3.ジョエル・エンビード(3位/3位/2位/2.75)
    4,171,690票/168票/99票

    4.ジェイソン・テイタム(4位/5位/5位/4.50)
    2,295,299票/55票/1票

    5.ジミー・バトラー(5位/6位/7位/5.75)
    938,855票/39票/0票

    6.バム・アデバヨ(6位/4位7位/5.75)
    753,846票/70票/0票

    7.ジュリアス・ランドル(7位/8位/5位/6.75)
    652,417票/32票/1票

    8.ドマンタス・サボニス(8位/9位/4位/7.25)
    555,788票/28票/2票

    24.八村塁(27位/20位/7位)
    60,077票/8票/0票

    56.渡邊雄太(43位/87位/7位)
    27,833票/0票/0票

    <バックコート>
    1.ブラッドリー・ビール(1位/1位/1位/1.00)
    3,485,051票/161票/81票

    2.カイリー・アービング(2位/2位/4位/2.50)
    2,765,320票/100票/21票

    3.ジェームス・ハーデン(3位/3位/3位/3.00)
    2,347,594票/58票/39票

    4.ザック・ラビーン(4位/3位/5位/4.00)
    1,500,979票/58票/4票

    5.ジェイレン・ブラウン(5位/5位/2位/4.25)
    1,401,416票/49票/50票

    6.トレイ・ヤング(6位/11位6位/7.25)
    991,857票/20票/3票

    7.ラッセル・ウェストブルック(7位/12位/7位/8.25)
    462,605票/18票/1票

    8.ベン・シモンズ(11位/6位/7位/8.75)
    366,887票/38票/1票

    西カンファレンス

    <フロントコート>
    1.レブロン・ジェームズ(1位/1位/1位/1.00)
    5,922,554票/214票/100票

    2.ニコラ・ヨキッチ(2位/2位/2位/2.00)
    4,208,879票/167票/99票

    3.カワイ・レナード(3位/4位/3位/3.25)
    3,388,151票/107票/91票

    4.アンソニー・デイビス(4位/3位/5位/4.00)
    3,075,499票/120票/2票

    5.ポール・ジョージ(5位/5位/5位/5.00)
    1,310,058票/45票/2票

    6.ザイオン・ウィリアムソン(6位/8位/8位/7.00)
    1,250,684票/32票/0票

    7.ブランドン・イングラム(9位/6位/8位/8.00)
    606,826票/37票/0票

    8.クリスチャン・ウッド(8位/10位/7位/8.25)
    676,320票/29票/1票

    <バックコート>
    1.ステフィン・カリー(1位/1位/1位/1.00)
    5,481,033票/172票/96票

    2.ルカ・ドンチッチ(2位/3位/3位/2.50)
    3,335,042票/58票/30票

    3.デイミアン・リラード(3位/2位/2位/2.50)
    2,848,663票/131票/64票

    4.ドノバン・ミッチェル(4位/5位/4位/4.25)
    741,272票/39票/10票

    5.デビン・ブッカー(5位/4位/5位/4.75)
    615,858票/55票/0票

    6.ジャ・モラント(6位/9位/5位/6.50)
    556,311票/22票/0票

    7.クリス・ポール(7位/7位/5位/6.50)
    391,667票/26票/0票

    8.シェイ・ギルシャス・アレキサンダー(11位/7位/5位/8.50)
    288,073票/26票/0票

    【【NBAまとめ】オールスターのキャプテン&スターターが決定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ