no title


NBAは観客を楽しませるバスケットボールを目指していることから、FIBA(国際ルール)のルールとは異なります。

Bリーグはよく見ているけどNBAは見たことなかった人やその逆の人も違和感を覚えたはずです。

私はNBAばかり見ていた人なので、昨年行われたFIBAワールドカップ最終予選の日本戦を見た時に違和感を覚えました。

試合時間や公式ボール等分かりやすい違いや、言われてもパッとしない違いもあります。

それでは、NBAとFIBAの違いを見ていきましょう。

【テーマ】

NBAとFIBAのルールの違いについて


no title


目次
1. NBAとFIBAの違い

2. まとめ



1. NBAとFIBAの違い


no title

〇試合時間

NBA・・・12分×4Q 48分
FIBA・・・10分×4Q 40分

NBAの方が8分長い。

〇コートについて

_20200326_000128





_20200326_000249


NBAがインチ、FIBAがメートルという事で数センチの誤差が生じています。
サイドライン・・・NBA28.60m FIBA28m
エンドライン・・・NBA15.24m FIBA15m

3Pラインのみ大きく違います。
NBA・・・コーナー6.71m トップ7.24m
FIBA・・・コーナー6.60m トップ6.75m

NBAの方がコーナーで約10㎝、トップで50㎝広い。

〇公式ボール

no title



 
メーカー
サイズ
グリップ性
パネル数
NBA
molten
6.5号
8面
FIBA
SPALDING
7.0号
普通
12面

サイズが0.5号違いますが、実質のサイズは同一サイズ(円周74.9~75.9㎝)

以前はNBAもFIBAも同じデザインボールを使用していましたが、
デザイン変更時にNBAが拒否したため、NBAではSPALDINGを使用。

〇ファール数

NBA・・・6ファールで退場

FIBA・・・5ファールで退場

試合時間が8分長いことから違いが発生したと思われます。

〇タイムアウト

NBA・・・1回75秒 前後半合わせて7回 延長2回 申請はHCまたはプレー中の選手

FIBA・・・1回60秒 前半2回、後半3回 延長1回 申請はHCまたはAC

〇ディフェンス3秒ルール

no title


NBA・・・「オフェンスプレイヤーにマンマークしていないディフェンダーは、3秒以上ペイントゾーンに留まってはいけない」というルールがあります。

FIBA・・・ディフェンス3秒ルールというルールはありません。

このルールによりオフェンス側は
激しいドライブからのダンクが多く見られるようになりました。


ワールドカップやオリンピックでは
ヤニス、ゴベア、デイビス等のペイント内のディフェンスにおいて圧倒的支配力を持つNBAプレイヤーがゴール下にずっと居座る姿を見られます。


〇背番号

NBA・・・00,0,1~55 56以上は申請が必要

FIBA・・・00,0,1~99


2. まとめ

no title


他にも
フリースロー時のメンバー交代
テクニカルファールでのフリースローの本数
今シーズンからNBAに導入された「コーチングチャレンジ」

等細かい部分ではたくさんあります。

サッカーでもそうですが、日本と欧州では選手同士のボディコンタクトでのファールの基準点が違うように、
NBAやFIBAでも存在します。

他にも
トラベリングがFIBAよりも甘いと言われています
(今シーズン、NBAでもトラベリングがきっちりとられている気がします)

ワールドカップやオリンピックにてNBA選手が審判に抗議する場面が多々ありますが、
こういったことが理由です。

来シーズン、NBAの再開時期がずれたためNBA選手の出場が微妙な感じになってますが、
そういうところを見るのも面白いので、
NBAの試合とBリーグの試合を見比べて見て下さい。