no title


オーストラリアのメルボルン・ユナイテッドに所属している馬場雄大選手が、開幕6戦目にして初の先発出場を果たしました。

試合はメルボルン・ユナイテッドが91-88で開幕6連勝。馬場選手は13得点を叩き出し勝利に貢献。

メルボルン・ユナイテッドの馬場雄大が初先発で13得点、ラストショットを防いだ守備も光り開幕6連勝に貢献
…相手の脅威となりつつある速攻でのスピード写真=Getty Images 昨日、馬場雄大が所属するメルボルン・ユナイテッドはイラワラ・ホークスのホームに乗り込ん…
(出典:バスケット・カウント)

2/10イラワラ・ホークス戦のスタッツ:
13得点1アシスト1リバウンド

開幕から5戦はシックスマンとして出場していた馬場選手は
開幕6戦目にして先発出場を果たしました。

主力選手の怪我で勝ち取った先発の座ですが、
チームの信頼の証でもあります。

開幕5戦目に出場したパース・ワイルドキャッツ戦では
プレイヤーオブザゲームにも選ばれました。

日に日に評価をあげている馬場選手ですが、
油断はありません。

NBAでのプレイを目指す馬場選手にとって
NBLでのプレイは常に『輝いている存在』でいなければならないと考えているようです。

ディフェンス力はすでに現地でも高く評価されています。
第5戦では
昨シーズンMVPを獲得した選手のマークを任され、

第6戦でも
NBAドラフト指名された選手をマークし、タフショットを誘発し勝利を決定づけます。

オフェンスについても
オフェンス面でのインパクトはまだまだ出せると思っています。もっとボールハンドラーとしてアシストだったり点数に絡んでいきたいです。ボールをもらえるための信頼はゲームで培われていくもの。成果を出し続けていけば、ちゃんとボールは回ってくると思うので、昨日のようなプレーをさらに伸ばしていきます。

と話しました。

NBLは年間28試合と少なく、
「日本に比べて試合数も多くないので、1試合1試合を大切にしてチームの勝利に貢献していきたいです」

と話した馬場選手。

夢のNBA選手になるために、
結果を出し続け、信頼を獲得し、更なる高みを目指してほしいと思います。

【【NBLまとめ】メルボルン・ユナイテッドの馬場雄大選手が今季初先発!!】の続きを読む